TOMYZの神秘大全

私の感じてきて思うところの神秘について、書いていくところ。。。

スピリトスとプネウマ

Spiritusの解答

件のHPの転写

あまりのも面白い内容なので♪



日本語で「精気」や「気息」としばしば訳される語
「プネウマ」 Pneuma (ギリシア語)は、「息吹」を元々は意味しています。

古代ギリシア医学の分野でプネウマという概念は
盛んに用いられ早くから医学用語としての地位を確立しています。

熱くて湿っている気体状の存在であるというのが、その特徴です。
アリストテレスの『気象論』で大活躍する
気象現象をつかさどる「蒸発気」 exhalation という概念は、
Pneuma と非常に近い意味を持っているともいわれています。

したがって、宇宙・気象論的な文脈でも、自然界における「息吹き」は想定されてた訳です。
さらに、プネウマは、ラテン語では一般に「スピリトゥス」 Spiritus と訳されました。
そこから 「スピリット」 Spirit (英語)や「エスプリ」 Esprit (フランス語)、
「スピリト」 Spirito (イタリア語)が派生しています。

キリスト教の「三位一体」理論における「父と子と聖霊の名において」の
「聖霊」 Saint Spirit もここから来ています。

現存する最古のギリシア語の聖書でも、聖霊は Pneuma で表記されていると思います。
一方、ドイツ語では、「ガイスト」 Geist がそれに対応する語になりますが、
ドイツ人は Spiritus よりも妖精やデーモンなども含むより広い意味で使っているみたいです。

アラビア語から連金術文献がラテン語に翻訳された12世紀に、
活性の塩類物質を指した語を Spiritus で置き換えたことから
ラテン中世錬金術でも Spiritus は盛んに登場することになります。

ただし、錬金術における Spiritus は徹底的にマテリアルな存在です。
英語で蒸留酒が「スピリット」と呼ばれるのは、蒸留アルコールが中世錬金術の文脈で
もともとは活性の塩類を指した Spiritus と混同されたからです。

生理学の分野では、「気分がハイになる」や「ローになる」という表現が
現代人に親しまれていますが、それは、「霊魂」 anima の「道具」となって
生理現象をつかさどると考えられた体内のスピリトゥスが上昇したり下降する状態を指しています。

以下の文献は、基本編です。

総合論集
M.Fattori et M. L. Bianchi (eds. ), Spiritus : IVo Colloquio internazionale del Lessico intelletuale Europeo, Roma, Ateneo, 1984.
 それぞれのジャンルで重要な論文(Debus, Walker, Rees等)が入っていて、お特用の論集です。
タイトルはイタリア語ですが、国際論集なので収録論文は、英・仏・伊語となっております。
  
古代 (ストアから聖アウグスティヌスまで)
G.Verbeke, L’evolution de la doctrine du Pneuma du stoicisme a s. Augustin, Louvain, 1945.
   
Maria di Pasquale Barbanti, Ochema-Pneuma e phantasia nel neoplatonismo : Aspetti psicologici e prospettive religiose, Catania, Cuecm, 1998.
『新プラトン主義におけるオケーマ・プネウマとファンタジア:霊魂論的諸相と宗教的射程』

Marielene Putscher, Pneuma, Spiritus, Geist : Vorstellungen vom Lebensantrieb in ihren geschichtlichen Wandlungen, Wiesbaden, Steiner, 1974.
『プネウマ、スピリトゥス、ガイスト : 生命衝動の表象の歴史的変容』。
古代からルネサンスまで扱ったものです。

ガレノス
O.Temkin, “On Galen's Pneumatology”, Gesnerus, 8 (1951), pp. 180-189.
 
アリストテレス
A. L. Peck, “The Connate Pneuma: An Essential Factor in Aristotle's Solutions to the Problems of Reproduction and Sensation”, in E. A. Underwood (ed.), Science, Medicine and History, London, 1953, v. 1, pp. 111-121,
 
G.Freudenthal, Aristotle's Theory of Material Substance: Heat and Pneuma, Form and Soul, Oxford, 1995.
  
古代とキリスト教
H.Crouzel, “Geist (Heiliger Geist)”, in T. Klauser (ed. ), Reallexikon für Antike und Christentum, Stuttgart, 1976. v. 9, cols. 490-545.

中世アラビア
Charles Burnett, "The Chapter on the Spirits in the Pantegni of Constantine the African", in Charles Burnett & Danielle Jacquart (eds.), Constantine the African and 'Ali ibn al-'Abbas al-Magusi : The Pantegni and Related Texts, Leiden, Brill, 1994, pp. 99-120.

中世ラテン医学
J.J.Bono, “Medical Spirits and the Medieval Language of Life”, Traditio, 40 (1984), pp. 91-130.
  
フィチーノとルネサンスの新プラトン主義
D.P. Walker, Spiritual and Demonic Magic from Ficino to Campanella, London, 1958.
 
D.P. Walker, “The Astral Body in Renaissance”, Journal of the Warburg and Courtland Institutes, 21 (1958), pp.119-133. (reprinted in Walker, 1985)
 
D.P. Walker, “Medical Spirits in Philosophy and Theology from Ficino to Newton”, in Arts du spectacle et histoire des idees. Recueil offert en hommage à Jean Jacquot, Tours, Centre d’Etudes Superieures de la Renaissance, 1984. pp. 287-300. (reprinted in Walker, 1985)
 
D.P. Walker, Music, Spirit and Language in the Renaissance, London, Variorum, 1985.
 
D.P. Walker, “Medical Spirits and God and the Soul”, in M. Fattori & M. Bianchi (eds. ), Spiritus, Florence, 1984, pp. 223-244.
 
D.P.Walker, Il concetto di spirito o anima in Henry More e Ralph Cudworth, Napoli, Bibliopolis, 1986.
 
S.Matton, “Marsile Ficin et l’alchimie, sa position, son influence”, in J. -C. Margolin et S. Matton (eds. ), Alchimie et Philosophie. Paris, Vrin, 1993, pp. 123-192.
・フィチーノと錬金術ですので、2つのカテゴリーに入れておきます。 
  
錬金術・化学
S. Matton, “Marsile Ficin et l’alchimie, sa position, son influence”, in J. -C. Margolin et S. Matton (eds. ), Alchimie et Philosophie, Paris, Vrin, 1993. pp.123-192.
 
A.G. Debus, “Chemistry and the Quest for a Material Spirit of Life in the Seventeenth Century”, in Fattori & Bianchi (eds.), Spiritus, Florence, 1984, pp. 245-263.
 
N.E. Emerton, The Scientific Reinterpretation of Form, New York, 1984. pp.179-193.
第7章「スピリトゥスと種子:化学的な形相の再解釈」
  
A. Clericuzio, “Spiritus Vitalis: studio sulle teorie fisiologiche da Fernel a Boyle”, Nouvelles de la Republique des lettres, 18-II (1988), pp. 33- 84.
フェルネルからボイルまで。 
  
A. Clericuzio, “The Internal Laboratory: The Chemical Reinterpretation of Medical Spirits in England (1650-1680)”, in P. Rattansi & A. Clericuzio (eds.), Alchemy and Chemistry in the 16th and 17th Centuries, Dordrecht, Kluwer, 1994, pp. 51-83.
1650からと謳ってますが、16世紀からです。
  
H. Hirai, Le concept de semence dans les theories de la matiere a la Renaissance: de Marsile Ficin a Pierre Gassendi, Turnhout, Brepols, 近刊.
・種子の理論とスピリトゥスは切っても切れません。

フェルネル
D.P. Walker, “The Astral Body in Renaissance”, Journal of the Warburg and Courtland Institutes, 21 (1958), pp. 119-133. (reprinted in Walker, 1985) 
 
M.L. Bianchi, “Occulto e manifesto nella medicina del rinascimento: Jean Fernel e Pietro Severino”, Atti e memorie dell’accademia Toscana di scienze e lettere, ‘La Colombaria’, 47 nuova serie 33 (1982), pp. 183-248.
 上記の論集 Fattori & Bianchi, Spiritus (1984) の編者です。
 
A. Clericuzio, “Spiritus Vitalis: studio sulle teorie fisiologiche da Fernel a Boyle”, Nouvelles de la Republique des lettres, 18-II (1988), pp. 33- 84.  
  
J.J. Bono, “Reform and the Languages of Renaissance Theoretical Medicine: Harvey versus Fernel”, Journal of the History of Biology, 23, (1990), pp. 341-387.
 
H. Hirai, Le concept de semence dans les theories de la matiere a la Renaissance: de Marsile Ficin a Pierre Gassendi, Turnhout, Brepols, 2004.
  
月沢美代子、「W.ハーヴィの精気と「問題」(I)-“Sanguis et spiritus una res” を切り口として-I.
フェルネルの超越的精気に対して」、『科学史研究』、第36巻、1997年、229‐238頁。
 
フランシス・ベーコン
D.P. Walker, “Francis Bacon and Spiritus”, in A.G. Debus (ed.), Science, Medicine and Society in the Renaissance, New York, 1972, vol. II, pp. 121-130. (reprinted in Walker, 1985)

G. Rees, “Francis Bacon and Spiritus Vitalis”, in Fattori & Bianchi (eds.), Spiritus, Florence, 1984, pp. 265-281.

スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

スピリチュアル基礎講座:概要 | コメント:0 |

スピリチュアルの定義

スピリチュアルの定義…

よく知られている話では、WHO(世界保健機関)における
「健康の定義」のところで出てくる話として、昔は有名であった。

労働厚生省内での記述



・一時的に示されていたWHO憲章序文:
Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual
and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

<<<意訳>>>
健康とは、肉体的、精神的、霊的、そして社会的幸福に
完全で動的な状態であり、単に疾病や病弱であることではありません。



・現在示されているWHO憲章序文:
Health is a state of complete physical, mental
and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

<<<意訳>>>
健康とは、肉体的、精神的、そして社会的幸福に完全な状態であり、
単に疾病や病弱であることではありません。




wikipediaでのWHO(世界保健機関)の説明

WHOサイト内にあるWHO憲章の場所(英語サイト)
憲章文そのものはPDF化されている。




それでは霊的な:spiritualの元の意味合いは何であろう?
「EXCEED英和辞典」では次のように定義される。

━━ a. 霊的な, 精神(的)の; 神聖な; 崇高な; 宗教の, 教会の.
the Lords Spiritual 主[司]教.
━━ n. (米南部の)黒人霊歌.
spir・it・u・al・ism  ━━ n. 心霊論[術]; 霊性; 【哲】唯心論.
spir・it・u・al・ist  ━━ n.
spir・it・u・al・is・tic ━━ a. 唯心論的; 心霊術(的)の.
spir・it・u・al・i・ty ━━ n. 霊性.
spir・it・u・al・ize  ━━ vt. 精神的にする, 霊化する;
…に精神的意義を与える; 心を清める.
spir・it・u・al・i・za・tion n.
spir・it・u・al・ly  ━━ ad. 精神的に; 脱俗的に.

まあ、これの元になるであろう言葉spiritだと
更に面白いことが分る。
(同じく「EXCEED英和辞典」より引用)

━━ n. (人の)精神, 気持ち; 霊魂; (the S-) 霊体 ((神・天使など)); 聖霊;
幽霊, 悪魔; (人の精神面たる)生気; 元気; (pl.) 気分, きげん;
(精神面から見た)人, 人物; (人々の)気風,時代精神; (立法)精神;
(時にpl.) アルコール, (強い)酒; アルコール溶液.
catch …'s spirit 意気に感じる.
give up the spirit 死ぬ.
in bad [low] spirits 元気なく, 不きげんで.
in good [high] spirits 元気よく, 上きげんで.
in spirits 元気で.
in (the) spirit 内心, 想像上.
keep up one's spirits 元気を出す.
people of spirit しっかり者.
spirit of wine 酒精, (エチル)アルコール.
the poor in spirit 身の程を知っている人たち.
━━ vt. 励ます ((up)); さらう, 神隠しにする ((away, off)).
spir・it・ed  ━━ a. 元気な, 活気のある; 猛烈な;
…(の)精神の (public-~ed 公共心に富む).
spir・it・ed・ly ad.
spir・it・ed・ness n.
spir・it・ism ━━ n. 心[交]霊術.
spirit lamp アルコールランプ.
spir・it・less  ━━ a. 生気のない.
spirit level アルコール水準器.

まあ、アルコールの話は置いておくにしても、
単数と複数での使われ方が面白い。

おそらく単数扱いしている時には、本人人格を示し、
複数扱いしている時は、変動的になっている複数の人格体を
示しているのではないだろうか?

wikipediaでは、この語に対して、複数言語での同類語を
まとめて紹介している。


スピリットは 英語spiritの音写。

元はラテン語の spiritus(スピリトゥス:息、呼吸、魂、勇気、活気などの意)。
古典ギリシャ語の πνευμα(プネウマ)、
ヘブライ語の רוח (ルーアハ)に相当。
ラテン語 spiritus は、ラテン語 anima と対比されていた。
印欧語圏ではキリスト教の伝統もあり、
様々なものにスピリットの名がつけられている。

ドイツ語のGeist(ガイスト)、
フランス語のesprit(エスプリ)、
スペイン語のEspíritu(エスピリットゥ)、などに相当。

宗教、スピリチュアリズム
* キリスト教での表現(聖霊:Saint Spirit、天使:Angel)
* 霊、霊魂、魂、心霊、亡霊。 

宗教色が薄くなった用法
* 精神、情熱、根性。  本質、意味、意図。
* グループのメンバーで共有している価値観、信念。

こうなると息をすること自体が魂の証であり、
霊のある証拠であるとも言えそうだ。

この辺の細かい話をしようとしているのが、
新約聖書「ローマ人への手紙:第8章」になっている。

表記のページは英語表記とラテン語表記の2つが
載っているので、後々比較して詠んで見ると面白いかもしれない。


テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

スピリチュアル基礎講座:概要 | コメント:0 |

神秘大全とした理由

私の敬愛する神学者トマス・アクティナスが作った
最大の作品に「神学大全」という本がある。

これには当時のキリスト教における神学の全てを
刻み込んだ作品なのだけど、
これの少し前に「異教大全」という本を彼は書き上げている。

おそらく自分が幼い頃から接してきたキリスト教を
他者の文化と比較することで何かを得ようとしたのではないかと思う。

私自身は、前の話を聴いてから、
私の知る限りの一般的に言われるスピリチュアルの分野に関することを
体系化して行きたいと常々思っていた。。。

そこで「大全」という形で体系化したものを書き表そうと思った…

神秘と名付けている理由としては、瞑想により得た知識が多分に
盛り込まれているところがあるからである。

これらは「神の秘密」とも言えるものなのかもしれない…

そう思ったからだった。。。

それ故「神の秘密の大全」=「神秘大全」となったのである。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

スピリチュアル基礎講座:概要 | コメント:0 |

当初考えていたスピリチュアル講座のイメージ

新宿の図書館カフェ:新時空御縁さんでやっていた話の一部を
構成し直すとこんな感じだったりする。。。
のちのち書き直していくと思うけども、
しばらくはコレと分類訳に合わせて作成することになるかな?

1.スピリチュアルとは何か?
2.現在の物理学における人体の構成
3.量子場として考えた場合の人体の構成
4.神智学的人体構成
5.カバラの考え方を用いた人体構造の解釈
6.形而上学的人体構造
7.ヒーリングとは何か?
8.占い自体の存在意義
9.お札により影響範囲が出る場所
10.より深い考察を得るには?
11.リラクゼーション
12.呼吸法
13.武舞法、身体の使い方
14.音霊、言霊(事霊)
15.瞑想法
16.心の修行法


テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

スピリチュアル基礎講座:概要 | コメント:0 |
| HOME |