TOMYZの神秘大全

私の感じてきて思うところの神秘について、書いていくところ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

数息観。。。

数息観(すうそくかん)。。。

高野山の東京別院で行っている阿字観実修会において、
大抵やっていること。。。

まあ、基礎中の基礎なのですが。。。

これも数えながら呼吸すること。。。

「ひとーつ」「ふたーつ」「みっーつ」「よっーつ」「いつーつ」
「むっーつ」「ななーつ」「やっーつ」「ここのーつ」「とーお」。。。

「ひとーつ」から初め、「とーお」までやって、それの繰り返し。。。

先の四拍呼吸法と異なるところは、「ひとーつ」で吸って、吐いてを行うこと。
2つをペアとして分けないで、行うことに意味があるかと。。。

まあ、いくつかのページには結構、厳しいことをおっしゃっている方々もおおいですが。。。

動画:数息観

イメージ療法的な意味合いでは、雑念や煩悩が消えるイメージを持ちながら、
行うのも良いかもしれません。

いずれにせよ。気持ちが落ち着いてくると思います。


スポンサーサイト

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

スピリチュアル基礎講座:呼吸法 | コメント:0 |

四拍呼吸法。。。

呼吸法について。。。

基本的には四拍呼吸(よんぱくこきゅう、しはくこきゅう、英: Fourfold Breath)と
私はしています。

まあ、そう難しい話をしようとすることもなく、数字を数えながら呼吸をしようとするものです。

先の四泊の場合は4つの段階があります。

1.呼気:1・・・2・・・3・・・4・・・と数えて
  大きくゆっくり息を吐き出します。
  ※ここは口から吐き出すと楽かと思います。
2.止観:1・・・2・・・3・・・4・・・と数えて
  その間、息を止めます。止めながら、空っぽになっている体内の気を確認します。
3.吸気:1・・・2・・・3・・・4・・・と数えて
  大きくゆっくりと息を吸います。
  ※ここは鼻から息を吸うことをお勧めします。
4.止観:(2.)と同じで、1・・・2・・・3・・・4・・・と数えて
  その間、息を止めます。止めながら、満ちている体内の気を確認します。

ここで重要なのは、呼吸している気(エーテル)を感じること。

まあ、腹式呼吸で行えれば、理想ですが胸式でも構いませんし、
私は最近複合形式に落ち着いています。

最初は、全て口から行うと、楽に出来ますが、徐々に鼻呼吸に切り替えていくと、
より微細な気を感じることが出来ると思います。

順序的には。。。

1.呼気:口、吸気:口
2.呼気:口、吸気:鼻
3.呼気:鼻、吸気:鼻

これを繰り返し、練習し微細な気を扱えるようになることが西洋魔法系の基礎になります。

参考:四拍呼吸

これと似たものは、仏教や神道にもある。

仏教では数息観(すうそくかん)や伊吹法(いぶきほう)になるだろう。。。

これらは別タイミングで記事にしようと思う。


テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

スピリチュアル基礎講座:呼吸法 | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。