TOMYZの神秘大全

私の感じてきて思うところの神秘について、書いていくところ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

人体構造を知る為に必要なこと:数理基礎

人体構造を知る為には、空間認識という作業が必要になると思う。

それは私達が<3次元>と言う空間を認識しているからこそ、
構造が把握できると思うからだ。

では次元が示す物は何なのであろうか?
詳しくは下の次元についてを見てもらうとして。。。

次元について

一般的な概念としては、こうだと思う。

・0次元:点次元。原点のみ
・1次元:長さのみ。x軸のみ存在。
・2次元:縦横の世界。xy軸とrθで記述される極座標が存在する。
・3次元:縦横高さの世界。xyz軸とrθφで記述される極座標が存在する。
・4次元:3次元に時間軸tが加わった世界。

極座標については、以下を見てもらうとして。。。

極座標

要は縦横の世界と極座標の説明にある円座標は、同一のところを示すことが出来て、
それはオイラーの等式によって関連付けられることを知って欲しい。

上記を基礎として、これを3次元に拡張する。
ベクトルや位置などが記述でき、かつ平行移動などが可能な空間として、
ユークリッド空間を考えます。

このままだと、面積が定義出来ていないので、
内積の考えを持つヒルベルト空間にまで考えを広げます。


スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

スピリチュアル基礎講座:人体構造 | コメント:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。